あらすじ(自己紹介)

(このサイトを運営するにあたっての):あらすじ

「今度新しいの買うから、ダイちゃんいる?」

突然の質問に正直ビビりました。

「ダイちゃんの車そろそろ(寿命)でしょ。この車でよかったら乗る?」

初めまして。当ブログ運営者のダイスケと申します。

この時、私の愛車は20万キロ越え、サビサビの日産ラシーンでした。

2018年7月吉日 2015年式「レクサスCT200h バージョンC」を頂く

私の嫁さんのお母さんはレクサスCTに乗っています。

イメージ図

まだ割と新しい(私の中では)レクサスを下さるのだそうです。マジか!?

何でも、レクサスオーナーには特権が色々あって、その中の何とかが3年で切れるらしいです。(説明されたが、何か色々あってよく分からなかったです。)

あと、今の色に飽きたらしいです。だから新しいレクサスを買うのだそうです。

だから、「ダイちゃん乗る?」って。

いやいや、いやいや、

嫁さんの母親なんで他人ではないですが、さすがにレクサスをただでもらうって訳にはいかないでしょー!

「気持ちは嬉しいですが、他にご親族で乗る方はいないんですか?」

なんて言って、はぐらかしてはいたんですが、なんせ嫁さんのお母さんは突破力がハンパないお方で、次に会った時には、

「今度の火曜日にレクサスの人うちに来るから、印鑑証明と判子持って来れる? 色々手続きやってもらっちゃお。」って。

やること早っ!!

あれよあれよという間に、僕ちゃんレクサスオーナーですわ。

ダイスケ
いや~、レクサスってもらえるもんなんですね。びっくりです。

せっかくお母さまから頂いたものなので、末永く大切に乗っていきたいと思い、ピカピカにすることをオレ本気で決意。

(お母さまは、細かいことは気にしないBIGな精神の持ち主なので、車体のキズも気にしなかった模様。ぱっと見は綺麗なボディーだが、よく見ると多量のキズが。特に後部バンパーの右側の深めのガリ傷が目立つ。)

もらったその日にさっそく洗車をしに近くのスタンドへ。

そこで「コーティング」なるものを進められました。

お客さん、いい車乗ってますねー!
スタンドのお兄さん
ダイスケ
へへ、そおですか~? (そうでしょ~、いい車でしょ~。まあ自分で買ってないですけど。)
せっかくのいい車なんで、コーティングでもいかがっすかー?
スタンドのお兄さん
ダイスケ
コーティング?何ですかそれ?
コーティングってのは・・・
スタンドのお兄さん
ダイスケ
ほー、それはいいですね。いくらぐらいするもんですか?
コースが4つあって、・・・ お客さんの車はMサイズになるので、・・・
スタンドのお兄さん
一番いいプレミアムコースですと、14万円です。
スタンドのお兄さん
ダイスケ
(高っ!!)
ダイスケ
けっこうするもんですね。他のコースは...?
一つ下のコースが8万円で、次のが6万円。一番簡易的なコースで2万円となっています。
スタンドのお兄さん
ダイスケ
(ん~、一番安いのでも2万円か・・・)
ダイスケ
ちょっと検討してみます。

ちなみに、この辺のキズって直せます?

あぁ~、やっちゃってますね。これは磨きじゃ無理だなぁ、板金ですね。
スタンドのお兄さん
うちは板金塗装もやってますんで、ちょっと見積もってみますね。
スタンドのお兄さん
ダイスケ
お願いします。

そして見積もってもらったのがこれ!

今さっきピカピカにすることを本気で決意した俺。

一番いいコーティングと合わせると、

板金塗装代:リアバンパー54,000円+トランク周り32,400円= 86,400円 (若干の値引き)

コーティング代 112,960円 (セール価格)

合計 199,360円!!

ダイスケ
なるほど。全部で20万円あればいけるんですね。分かりました。
ダイスケ
妻に相談してみます。(20万円。無理だろー。)

家に帰って、ダメもとで嫁さんに相談。(財布のひもは嫁さんが握っています。)

そして、案の定、20万円コースは却下。

代わりに、54,000円出してあげるから、一番目立つバンパーの傷だけ直せとのこと。

ん~。気に入らん。

何が気に入らないって、俺が稼いだ金を俺が自由に使えないって事はもちろんとして、俺の新しい相棒のCTちゃんをピカピカに出来ないことが気に入らんのです。

他に何かいい手は無いか?

ってか、このぐらいの傷、自分でなんとかならないのか?

ってか、そもそも「コーティング」って何なん?

調べました。グーグルの力を借りて色々調べました。

どうやら、傷の補修も、カーコーティングも自分で出来るらしいことが判明。

それなら自分でやってやる!ってか、やってみたい!

予算54,000円で、俺の新しい相棒をピカピカにしてやるぜ!!

こんなことがきっかけで、僕は磨きの世界に迷い込んでしまったのです。

プロフィール

 

・鏡面ダイスケ

・1980年生まれ

・去年子を授かる。パパ一年生。

・あれよあれよという間に、ちゃっかりレクサスオーナー。

パッと見はキレイなCT200h(ブラックオパールマイカ)だが、リアバンパーの左側に深めのキズ、トランク周りに積み荷で付いたと思われる細かいキズが無数に。ボディーにも細かいキズがちらほら。

トップルーフとボンネットは濃いめのウォータースポットが全体にウロコ状態。

業者に見積もってもらったところ、ピカピカに戻すには、板金塗装+コーティング(最高級)で、合計20万円。

とりあえずリアバンパーの目立つキズだけ直せと、嫁から5万4千円もらう。

この5万4千円で、全てのキズを直し、高級ガラスコーティングをほどこすのだ!

ダイスケ初めてのカーディテイリング。果たしてうまくいくのか?乞うご期待。

 

【車歴(古い順)】

ホンダ カレン 50cc

スズキ SW-1 250cc

ランブレッタ Li-3 150cc

日産 ラシーン

マツダ ファミリアLS

スズキ ワゴンR

スズキ ワゴンR (2代目)

日産 ラシーン (2代目)

新着! レクサスCT200h

 

幼少期はガンプラの合わせ目をパテ埋めしたりしていた。といってもSD世代。

ミニ四駆は走りよりも塗装に凝ってしまったダッシュ!四駆郎世代。

初めてのガチ塗装は15歳の時。近所の空き地に転がってた古いジェッペル(SHOEI)を塗装。ちなみにパールカラー。

本来はこういった作業が好きな子供だったが、大人になるにつれ遠のいていった感あり。

現在37歳にして、今回のレクサス事件?を機に自分の中に封印されいた何かが一気に溢れ出す。

次回、師匠(モヒカン)現る!

更新日:

Copyright© カーコーティングDIYのススメ , 2018 All Rights Reserved.