コーティング

車のコーティングの種類 効果や違いは?

更新日:

カーコーティングの種類

一言にカーコーティングと言っても、色々な種類がありますよね。何がどう良いのか?イマイチよく分からない人も多いと思います。

そこで、まずは今現在主流のカーコーティングについてみていきましょう。

カーコーティングの種類・特性

細かく説明すると科学記号だらけの難しい話になりますので、メリットを中心に簡素に説明します。

現在販売されているコーティング剤を分類すると、この3種類に分けられると思います。

1.ポリマーコーティング

2.ガラス系コーティング

3.ガラスコーティング

一つづつ見ていきましょう。

1.ポリマーコーティング

石油由来あるいは化学合成による化合物を高分子の分子重合体「ポリマー」と呼び、主にフッ素やテフロンなどが主成分となり、ボディーの表面に保護皮膜を作るタイプのコーティング剤です。

1980年台に登場したワックスに代わる樹脂系コーティングで、ワックスのように一度の雨で流される心配は減りますが、洗車などによってコーティングが落ちてしまうため、その効果の持続期間は、およそ3ヶ月間と言われています。

施工は、シュシュっと噴きつけるだけのものが多くかなり簡単です。

細かく分けると、洗車後の拭き取り時に車体またはタオルに吹きかけて施工するタイプと、しっかりと水気を拭き取ってから施工するタイプがあります。

ひと昔前に深夜のTV通販でよくやっていた「HYDRO WAX ハイドロワックス」なんかのイメージに近いです。(古っ!分かる人には分かるはず 笑。出た当時は凄く画期的な商品に感じたものです。)

3タイプのコーティングの中でも一番値段が安く、断然施工が簡単ですが、その分、強度耐久年数ともに他2つのコーティングと比べると劣ります。

これから紹介するガラスコーティングなどの施工後のメンテナンス剤として使われることも多いです。

こちらのタイプのコーティング剤は、かなりの数が販売されていて、各種微妙に施工方法や使える場所が違うので(ガラスは×とか、タイヤは×とか)、購入するときには販売サイトや説明書きをよく読んでください。

⇒簡単!ポリマーコーティング剤比較

また、同じポリマー系コーティングのなかでもさらに施工がお手軽になったシャンプー一体型のモノもあります。

洗車するだけなのでもちろん一番施工が楽ですが、その分、強度、耐久年数、艶ともに一番低くなります。コイン洗車機のポリマー洗車なんかはこの部類に入ります。

しかし、最近のモノは出来が良いので、用途によっては十分満足できるレベルのモノも多いです。有名なとこだと「スパシャン」なんかがこのタイプになります。

スパシャン

ものぐさな人や、そこまでこだわらない人はこちらで十分かもしれません。

⇒コーティングやワックスも同時にできるカーシャンプー比較

2.ガラス系コーティング

ガラス系コーティングとは、ポリマーコーティングに一部ガラス繊維が入っているものです。

次に紹介する「ガラスコーティング」とは、ややこしいけど別物です。

ポリマーに比べると、ガラス成分の効果により耐候性、耐熱性のアップや、保護膜の劣化を防いだり、ボディーを傷から守る効果が期待されます。効果の持続期間は、6ヶ月~1年間と記載されていることが多いです。

従来のワックスやポリマー加工と比べても性能が高くなっていることが、現在主流のカーコーティングになっている理由でもあり、ディーラーで施工するコーティングや、ガソリンスタンドで施工するコーティングは大体これです。

また注意点としては、ガラスがわずかに含まれているだけでもガラス系コーティングとなるため、実際にはガラス成分の効能を発揮できるほどの含有量がないものも存在します。

世間でガラスコーティングと呼ばれているものも、実はガラス系コーティングだったりするので注意が必要です。

ガラスコーティング剤とガラス系コーティング剤の簡単な見分け方ですが、まずカーショップやホームセンターなどの店頭で普通に並んでいる商品は大抵「ガラス系」です。有名なものだとWAKOU'S(ワコーズ)のバリアスコートなんかがそうです。

WAKOU'S(ワコーズ)のバリアスコート

ガラスコーティング剤は無機溶剤で空気に触れると固まってしまうため必ずビンに入っています。逆に、ガラス系コーティング剤はプラスチックなどに入っています。

施工方法は、ポリマー系と同じようにスプレーで吹き付けるタイプと、専用のスポンジで塗り広げていくタイプがあります。

こちらの「ガラス系」も、次に紹介するガラスコーティングの施工後のメンテナンス剤として使われることがあります。

⇒ガラス系コーティング剤比較

ガラスコーティング

ガラス繊維以外のフッ素やシリコンなどの有機成分も多く含まれているガラス系に比べ、ガラスコーティングは、100%に近い完全無機質のガラス被膜形成するコーティングのことを言い、ガラスの強力な保護膜によってボディを守ることができます。

硬化系とか、完全硬化型とか言われているコーティングは大体ここになります。

特徴としてはコーティング被膜が硬く、効果が長く持続し、艶、輝き共に一番優れています。

効果の持続期間は3年~5年と言われています。

コーティング専門店にお願いする場合は、基本このタイプのコーティングになります。現在あるコーティングの中で一番手間暇かかる施工方法なので、その分施工費が高額です。(塗ること自体は他のコーティングとさほど変わりませんが、硬化させるのに神経を使います。詳しくは後ほど。)乗用車1台分で業者にもよりますが約6万円~10万円以上かかります。

最近では単にガラスコーティングと言っても、各社競争するかのように様々な特性を出していて、何を選んでいいのか迷ってしまいます。

⇒ガラスコーティング剤比較

ちょっと前までは、当たり前のように業者に頼むものでしたが、今は素人でも施工しやすいように改良され、比較的身近なものになってきた感があり、手間暇惜しまない人はこのタイプのコーティング剤を選ぶことになると思います。

ダイスケ
ちなみに私もこの手のタイプなので、もちろんガラスコーティングです。

 

以上、大まかに3つのコーティングタイプに分けてみました。

後は、コーティングと言ってよいのか分かりませんが、従来から使われていた「カーワックス」があります。好きな人は未だに好きです。

ロングセラー アシュラのカーワックス

好きな人から言わせると、ワックス独特の艶があるらしいですが、効果や手間から考えるとちょっと選ばない選択肢です。

また、番外編として、「プロテクションフィルム」なんてものもあります。

XPELプロテクションフィルムカービューティIIC
XPELプロテクションフィルムカービューティIIC

XPELフィルム,プロテクションフィルムならプロテクションフィルム施工店,正規代理店のアイアイシーへ。ポルシェやベンツ等 ...

さらに最近では「ペイントプロテクションフィルム」なんてものもあり、メチャメチャ最先端な感じですが、とにかく費用が高いです。残念ですが今のところDIYはまず無理でしょう。このサイトの趣旨からは外れますが、お金に余裕のある人はいいかもしれません。

【スプレー式】ペイント・プロテクションフィルム | 板金塗装はインターパシフィック
【スプレー式】ペイント・プロテクションフィルム | 板金塗装はインターパシフィック

Fenix Scratch Guardは従来型の「貼る」プロテクションフィルムではなく、「スプレー塗装して仕上げる」新世 ...

 

若干コーティングの話からそれましたが、最後に3つのコーティングタイプの比較表です。

 

  1.ポリマー系 2.ガラス系 3.ガラス
艶・輝き
皮膜の強度
効果の持続期間 約3か月 6カ月~1年 3年~5年
施工難易度 簡単 簡単 やや難
コーティング剤の値段 1,000円~7,000円 1,000円~7,000円 10,000円前後

 

1、2のコーティングを選ぶなら、自分でも手軽に出来ますが、3のガチなガラスコーティングを選ぶ場合は、専門業者に頼むのか?自分でやってみるのか?迷いどころだと思います。

という訳で、続いては、自分で施工するのと、専門業者に頼むのはどちらがいいのか、私の考えをお話ししたいと思います。

ガラスコーティングは専門店か?DIYか?メリット、デメリット

 

-コーティング

Copyright© カーコーティングDIYのススメ , 2018 All Rights Reserved.